So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今日の農学部1号館 [キャンパス]

昨夜の冷え込みはきつかったのですが、イチョウが陽光に映える小春日和。
カメラ女子、カメラおじさんを見掛けて、私も1枚。ちょっと人物が写り込んだので油絵風にレタッチしてみました(f)。
P1040127.JPG
コメント(0) 

国際弥生デーで劉妍さん琵琶生演奏 [キャンパス]

今日は、弥生デー。農学部の留学生が中心となっての交流イベントが開かれました。
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/oicehp-j/event/20171030-1j.pdf
a.JPG
a2.JPG

会場の中島ホールは立見も出る盛況。(隣でもりす君と永田信先生が立見していました)
b.JPG

林政からは、琵琶の名手・劉妍さん(D1)が生演奏を聞かせてくれました!!!
d.JPG

↓動画です。もちろん音声付き!

(撮影:川合あけみさん)

コメント(0) 

暑気払い [研究室]

林政研恒例の暑気払い、今年は、神田駅前の「蔵(くら)」で行いました。
3月に退職された永田信先生は、引き続き講義とゼミで学生の教育に当たって下さっていますが、さる木曜日に正式に名誉教授記を授与されました。ゼミにしばしば助っ人として参加していただいている柴崎茂光先生(歴博)や、本学連携教員であり「国際森林学」をご担当下さっている立花敏先生(筑大)も参加して下さいました。
明るいうちからくらくらと飲み始め、おいしいコース料理と地ビールに舌鼓を打っているうちに、いい時間になり、逆光で撮った記念写真にはオーラが漂って(?)います。
170722shokibarai.jpg
オーラ漂う記念写真

これで夏休み!という感じではなく、まだまだ、「林野庁・白書説明会」(28日)、「国際森林学第2回」(29日)、「資源環境経済学」(8/2~8/5、久保山裕史先生)と、関連する行事や重要な集中講義が続く今年の夏です。
コメント(0) 

島田錦蔵先生に導かれて [研究室]

研究室の大教授、島田錦蔵先生の名著『森林組合論』(岩波書店、1940年)の一部をゼミで読んでいるのですが、引用文献をたどっていたら、林業試験場(現・森林総研)の研究報告のページ
http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/001/index.html
に辿り着きました。
1920年前後、百年近く前の林試の研究のなかに、昔ながらの技術の合理性を検証するものが散見されることが判りました。こういう驚きも、古典を読むことの効用の一つです。(f)
コメント(0) 

永田信先生最終講義大盛会

3月10日(金)、1号館8番教室にて、永田信教授の最終講義ならびに懇親会が開かれました。

最終講義は、白石 則彦専攻長のご挨拶に引き続き、
「「近代経済学を礎とした林政学-余は如何にして林政学徒となりし乎-」
と題して行われ、
1st.jpg
最終講義の後の集合写真

大盛会のうちに終了しました。参加者には小テスト*が課され解答数は149通でした。

二次会は、山上会館に場所を移して、丹下健研究科長のご挨拶に引き続き、
2nd.jpg
懇親会(山上会館)での集合写真

こちらは125名の参加者を得、やはり大盛会のうちに終了しました。

参加者の皆様、祝電やメッセージをお寄せ下さった方々、差し入れを下さった方々に、篤く御礼申し上げます。


*小テストの解答例
minitest.jpg

<参考>古井戸によるフェイスブック記事です。
https://www.facebook.com/hiromichif/posts/1468113823200769

コメント(0) 

永田信先生の『林政学講義』(東大出版会)、じわじわと好評、ハングル訳も(!?) [研究室メンバー]

東大出版会から2015年末に出版された『林政学講義』は、おかげさまで好評で、出版会のご担当によれば、売れ行き好調とのお話です。
学術誌や業界誌の書評、展望論文での引用・紹介のほか、SNSなどネット上での好意的な批評も目につきます。あちこちのゼミなどでも採用していただいているようで、それも、森林関係の分野に限らないようです。
Yale大では二部門経済発展論の近代日本農業への適用という実証研究でPh.Dを取得され、北大では経済学部で教鞭をとっておられた永田先生が、公共経済学の切り口から林政というものを見るとどうなるか、という立ち位置で書かれています。このおもしろさは、この分野で勉強している人間にとってはある程度わかるのですが、たとえば外部経済の内部化に関する「コースの定理」(第11講参照)1つをとっても、森林の場合、そのもたらす用益と用益の受益者の多様性により権利のありようが複雑であることから、学問的にみて非常に興味深い応用分野となっていることが浮き彫りになるわけです。少なくともそういう読み方が可能であり、また、本来カネ儲けのための学問ではない経済学の奥深さが、森林や林業というフィールドの上に投影されて、よくわかるように書かれている本です。
こうしたおもしろさがジワジワと理解されつつあるのだと、弟子の一人として思います。
海外にも反響は拡がりつつあり、ハングル訳が出る日も遠くないようです。韓国も、林政学や環境経済学がさかんな国であり、かつ、土地制度には日本と共通した面もあるようで、欧州の林政学や米国の森林経済学などの翻訳とはひと味違った意義があるのでしょう。今後の展開が楽しみでなりません(f)。
コメント(0) 

永田先生特別講義

こんにちは。H.O.です。13日は永田信先生の特別講義が開催されました。特等席での聴講に質問にもたっぷり時間をかけてお答えいただける贅沢な機会...堪能しました。
そして何よりこの日は永田先生65歳の誕生日!我々もおこぼれにあずかり、美味しいものを頂きました。

永田先生写真1圧縮.png
コメント(0) 

修論・卒論追い込みシーズン [研究室]

毎年、この時期になると、カップ麺を送ってくれるOBがいます。今年もどっさりと送ってくれました。
そして、思い出すのは10年近く前、学生部屋に現れたこの横断幕。研究室の長い歴史のなかでも、こんな装いは前代未聞(?)
名前の主は、宴会部長も務めたバイタリティ溢れるOGでした。今は某製紙会社で活躍中との噂。(f)
CIMG1093.JPG
コメント(0) 

忘年会@「罠」 [研究室]

 年の瀬も押し詰まった26日に、今年最後のゼミ&忘年会を開きました。
 中山間地域が獣害に苦しむなか、その名も「罠」というジビエ料理の名店
https://www.facebook.com/wanahiroshima/
にて、ニホンジカ、エゾシカ、イノシシ、カモ…に舌鼓を打ちました。
 終わった後はお店の前で記念写真です。(幹事さんご苦労様)

201612wana.jpg

 このあとカラオケに繰り出し年も寒さも忘れ(以下略)

 それでは、皆様良いお年を!(f)
コメント(0) 

第5回合同ゼミを開催しました [研究会]

12月8日に、永田信先生の孫弟子に当たる金沢大学(旧)香坂ゼミ、筑波大学立花ゼミ、農工大竹本ゼミのメンバーを招いて合同ゼミを開催しました。田無演習林長の安村先生も駆けつけて下さいました。発表は、卒論生から博論生まで、テーマも多岐にわたり、刺激的な報告と活発で熱のこもった質疑応答の後、懇親会場に移って(学生は立ち席状態)、引き続き熱い熱い議論や意見交換を行いました。
今年で5回目の試みとなりますが、2回目の報告となった院生もいて、すっかり定着した感があります。(f)

prog.gifプログラム(クリックで拡大)

↑発表プログラムです(クリックすると拡大されます)。

L1130433s.jpg

↑集合写真です。
コメント(0) 
前の10件 | -