So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎行ってきました [調査]

7月8日~10日に宮崎県諸塚村で西日本林業経済研究会があり、続いて10日~11日に美郷町へ調査に行って参りました。

参加メンバーは芳賀さん、山根、安藤、梅田、廣田(全員学生)。そしてOGの小松さん。

藤の露といい白霧島といい毎日飲める焼酎ですね。
あんなに柔らかい鹿肉は初めてでした。
蜂を食べてみたかった。

というぐだぐだな話はさておき、

まずは諸塚。
産直住宅への取組みや自治公民館組織など、村にまとまりがあるのが印象的でした。
また、村内の「うち」のつながりを大事にしながらも国内外の「そと」との交流も大事にしているところに村の温かさ、たくましさを感じました。
村民の方が言うには「自分の責任で生活している人が都会とも交流できる」のだとか。
また民泊でゆっくりお話をしたいです。

写真は伐採現場と耳川広域森林組合諸塚木材加工センターです。
諸塚森林.jpg
諸塚製材工場.jpg

次に美郷。
ここではうなま備長炭の生産ログハウスの生産、森林組合への町有林長期施業受託、GISの活用、上光2号桧、学校林の植栽などについて見てきました。
炭焼き職人の方、Iターンの方、林家の方、町役場の方、森林組合の方それぞれから「どうすれば山をうまく活用できるか」についての考えを聴くことができたのが僕にとっては大きな事でした。
色々考えさせられました。
最後に食事をした「味さと」はとてもおいしかったです。

以下、炭焼き釜と上光2号の絞丸太です。
美郷炭焼き.jpg
上光2号絞丸太.jpg

次回の山根君の日記もお楽しみに☆

安藤

コメント(1) 

コメント 1

株式会社益製作所

はじめまして。高知県の(株)益製作所と申します。
弊社は移動式製材機【工場据付可能】及び変速機・減速機・増速機の製造を手掛けております。

弊社の製材機は高知県の林業家 山中宏男 氏【林野庁長官緑化功労賞を受賞】より技術指導を受け、長年の林業経験から試行錯誤して考案された高精度の製材機であり、安全性においても労働監督署より、「労働安全衛生法規格適合品」を受けております。
また、当製材機は高知県地場産業大賞地場産業賞および高知エコ産業大賞アイデア賞を受賞。

当製材機は丸鋸で1日の製材能力は10石(約3㎥)で製品歩留まりは約80%以上。
原木の直径が約40cm・長さ6m・重量350kgまで製材可能です。
1cm位の面木・三角挽など多機能性があり、1軒の建築に必要な建築木材全てを当製材機で調達可能。

現在、県内外の官公庁・森林組合・林家・NPO組織などから注文・問合せを頂いております。

ぜひ、弊社の製材機をご覧いただき、間伐材の有効利用など木材の普及に役立てて頂ければ幸いです。
なお、当製材機については弊社ホームページでご覧いただけますが、カタログおよび製材実演DVDも御座いますので、御請求頂ければ無料で送付させて頂きます。
by 株式会社益製作所 (2011-08-24 14:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。