So-net無料ブログ作成
文献調査 ブログトップ

フランスで「六法」の一つは森林法典(1827年)だった! [文献調査]

 ご存じでしたか?以下、常日頃お世話になっている法学部の交告尚史先生からご教示いただいた内容をもとに、少し付け加えたものです。

 一般に、「六法全書」というときの六法というのは、ナポレオン時代のフランスでできた5法典(民法典(1804年)、民事訴訟法典(1806年)、商法典(1807年)、治罪法典(1808年)、刑法典(1810年))に<憲法>を加えて、明治時代に翻訳されたものがその源流だとされてきました。

 さて、法学関係の洋書の販売を手がけている國際書房という書店のカタログの No.033(471):Sep.2015 www.kokusaishobo.co.jp/portal/wp-content/uploads/2015/08/LB033.pdf に名古屋大学大学院法学研究科教授の石井三記先生が「『六法』の源流を求めて」というエッセー(上記リンクの一番最後の頁をご覧下さい)をお書きになっています。

 石井先生によると、1811年にフランスで『五法典』という書物が出ている。まだ「六法」という名前ではない。では六つめの法典codeは何だったのか。それが森林法典(1827年)だったというのです。実際、翌1828年に、『六法典』という書物が上梓され、上記の五法典に加えて、森林法典が収録されていたというのです!!

 石井先生の言及されている1828年の『六法典』という書物がどんな内容だったのか、ネットで調べてみると、ヴァーモント大学のマーシュ資料室カタログ University of Vermont Catalogue of the Library of George Perkins Marsh のなかに、それらしき本の目次が見つかりました。

University of Vermont Catalogue of the Library of George Perkins Marsh.jpg

 たしかに「森林法典 code forestier」がありました(朱線部分)。驚きです。

 フランスの森林法典は、近代的土地所有権が確立した後にできた森林関係の法令としては、世界最古のものであると言われています。遡って、ルイ14世時代に作られた林野王令(17世紀)も、フランス絶対王政下でかなり重要な位置を占めていたことが知られています。

 それにしても「六法」に森林法典が入っていたとは、今回、交告先生のご教示で初めて知りました。

 数百年の歴史のなかで森林・林野・林産物が果たしてきた役割の大いさと、これらをめぐる権利関係の重みやうつりかわりに思いをめぐらせてみると、林政という分野のおもしろさが実感できるかもしれません。教員の私にとっても、まだまだ知らない世界がたくさんあるのです。(文責:古井戸)

コメント(0) 

伊那谷、ふたたび [文献調査]

過日、阿智村ではお世話になりましたが、今回は、公法学や日本史の
先生方との共同調査で飯田市に伺いました。
1880年頃、この地を拠点に官林の見回りをした監守人がいたというの
は坂本達彦先生の論文で実証されています。
iida1.jpg
写真は、飯田市の歴史研究所の受付です。
歴史博物館ならあちこちにありますが、研究所です。凄い。
古島敏雄を生んだ土地柄でしょうか。
(写真に、「古島敏雄全集復刻」のパンフがみえます)
(f)
コメント(0) 

FAOの図書館 [文献調査]

まだCOFOは続いていますが、研究会がやっと終わりました。
研究会では、経済的手法とガバナンス、という2つの柱が立っていて、どちらかというと、「経済的手法(たとえば排出権取引)に関するガバナンス研究」が主流のように見えました。

FAOの図書館を覗いてみるのも今回の大きな目的で、D棟4階にある「森林図書館」で、司書の方に来意を告げ、いろいろ便宜を図っていただきました。
FAO_German.jpg
あれこれ条件を変えて検索端末を叩いたところ、第二次大戦後にできたはずのFAOに、19世紀の文献があるのです。FAOの前身である国際農業研究所(←聞き取りがあやしい)の頃に、ドイツの研究機関から譲り受け、目録も全部はできておらず、院生クラスを雇って徐々に入力を進めているらしい。原則閉架という特別室に入れていただき、おそらく同類の来訪者のために展示してある18世紀の稀覯書を見せていただきました(写真)。

EvelinのSylvaは見かけなかったので、森林総研(つくば)の勝ち、かもしれません。(f)
コメント(1) 

知らないことの怖さ、しみじみ [文献調査]

 社会科学系のデータベースといえば、昔は、大阪市大の経済学文献目録か、日外アソシエーツから出ている経済・産業雑誌記事データベースしかなかったのですが、今は、人文系を含め、CiNiiやJ-Stageという強力な雑誌記事索引があり、加えて19世紀の和文献になると国立国会図書館がデジタル化してくれているものも少なくありません。
 CiNiiなどの収録誌も気がつかないうちに増えているようです。あくまで一例ですが、

 渡邊裕一(2008)「中近世ドイツ都市に於ける森林政策-研究の動向とニュルンベルクの事例から」
比較都市史研究 27(1) : 31-39

という論文は、以前は探し方が悪かったのか見つからない状態でした。

 拝読したら多方面のレビューを含んでおり、蒙を啓かれました。欧州の都市と森林の関係については造園学の高橋理喜男先生が『都市林』という本の中に書かれているのが入門的ではあります。しかし日本の歴史研究者による研究の厚みを今さらながら知ることになり、恥ずかしいでは済まされません。
 引用されている欧文文献について、ためしに現代の古典とも言えそうなRadkau(2000)をGoogle Scholarでチラ見できないかと探してみたら、現物は見あたらないものの、フランスの森林史研究会会長を務めるCorvol女史の書評(仏語,2001)を発見。Corvol先生は独語原書からの書評ですが、amazonで調べるといまやRadkauは、英訳版のペーパーバックまで出ています。邦訳があるといっそうありがたいのですが。

 かつて、伊藤榮先生が林野庁の委託で1950年代末から1960年代初頭にかけてヴァイスチューマーに記された林野利用規定について、2つの重要な報告書を上梓されていることに、当時の林野庁の懐の広さを感じます。こうした克明な研究は歴史専門家によりなお引き継がれているようです。一方、Ordnungの形成や運用についてかなり突っ込んだ論争が行われるに至っているさまが、先の渡邊論文から伺えます。
Vol3s.jpg
 知らぬは一時の恥、という諺は、恥をかいた後ちゃんと学ぶことが前提なのですが、ここ5年ほどに限っても、無知に気づくことがたくさんあり、宿題は増える一方です。(f) 【写真は北伊トレンティーノの判告録集】
コメント(2) 
文献調査 ブログトップ