So-net無料ブログ作成
検索選択
研究室メンバー ブログトップ

永田信先生の『林政学講義』(東大出版会)、じわじわと好評、ハングル訳も(!?) [研究室メンバー]

東大出版会から2015年末に出版された『林政学講義』は、おかげさまで好評で、出版会のご担当によれば、売れ行き好調とのお話です。
学術誌や業界誌の書評、展望論文での引用・紹介のほか、SNSなどネット上での好意的な批評も目につきます。あちこちのゼミなどでも採用していただいているようで、それも、森林関係の分野に限らないようです。
Yale大では二部門経済発展論の近代日本農業への適用という実証研究でPh.Dを取得され、北大では経済学部で教鞭をとっておられた永田先生が、公共経済学の切り口から林政というものを見るとどうなるか、という立ち位置で書かれています。このおもしろさは、この分野で勉強している人間にとってはある程度わかるのですが、たとえば外部経済の内部化に関する「コースの定理」(第11講参照)1つをとっても、森林の場合、そのもたらす用益と用益の受益者の多様性により権利のありようが複雑であることから、学問的にみて非常に興味深い応用分野となっていることが浮き彫りになるわけです。少なくともそういう読み方が可能であり、また、本来カネ儲けのための学問ではない経済学の奥深さが、森林や林業というフィールドの上に投影されて、よくわかるように書かれている本です。
こうしたおもしろさがジワジワと理解されつつあるのだと、弟子の一人として思います。
海外にも反響は拡がりつつあり、ハングル訳が出る日も遠くないようです。韓国も、林政学や環境経済学がさかんな国であり、かつ、土地制度には日本と共通した面もあるようで、欧州の林政学や米国の森林経済学などの翻訳とはひと味違った意義があるのでしょう。今後の展開が楽しみでなりません(f)。
コメント(0) 

【平成28年度メンバー自己紹介】 はにょ(学部4年) [研究室メンバー]

こんにちは、もりすです。

前回の更新から4…5ヶ月以上が経過してしまいました;
今日は林政のもう一人の4年生である、はにょの生態を紹介したいと思います。

【名前】はにょ
【出身】神奈川県横浜市
【住処】1号館305号室
【研究】熱帯林利用における住民行動の意思決定モデル(仮)

はにょは、毎日町田から片道90分かけて研究室に通っている活字中毒者です(本人談)。
海外に旅行に行ったとき、日本語の文字から離れすぎたせいで震えが止まらなくなり、財布にあったポイントカードの裏面を熟読し続けることによって難を逃れたという面白すぎるエピソードを隠し持っています。

私の向かいの席に座っているはにょですが、本人の言う通り本をたくさん読む人です。
英語も得意で、夏前には机にパルテノン神殿の柱のように積まれていた英語の論文の数々をいつのまにか消化してしまいました。
そしてそれらをきちんと脳みそに収納していて、日常会話の一つ一つに引用文献としてくっつけてくるので、彼の話は説得力がものすごいです。
弱点は脇です(多分)。

S_5179446716796.jpg
Fig.1 米大統領選の行方を見守るはにょ

そんなはにょに卒論執筆に向けた意気込みを聞いてみると、”次のステージにつながるものを完成させたいです”と答えていました!

こんな調子で、他のメンバーも紹介していけたらいいなと!
思います!

(もりす)
コメント(0) 

【平成28年度メンバー自己紹介】 もりす(学部4年) [研究室メンバー]

こんにちは!
初めてブログを更新します、林政学研究室4年のもりすです。

森林科学の学生は3年の冬に研究室選択があり、4年の頭から正式に配属となります。
今年度は私含めて2人がこの研究室の門を叩きました。

【名前】もりす
【学籍】農学部 森林環境資源科学専修4年
【出身】兵庫県明石
【住処】1号館305号室
【研究】木造応急仮設住宅の供給における課題(仮)

学部4年になるとほとんど必須単位も残っておらず、4月頭から今までは研究テーマについて深めるのを生活のメインにしておりました。
ちなみに私は食事ではメインを最後に残すタイプです。深い意味はありませんがおかずを先に食べるタイプです。そして人生のおかずとは数限りなくあるものですね…。
いえ、特に深い意味はありませんっ。

ところで私が林政研を志望したのは産業と行政の関係や政策の在り方について広く学びたいと思ったからですが、趣味というか好きな分野はモノづくりです。森林に対する一番の興味は川上~川下へと流れて建築へ至る木材の源泉としての側面にあります。
法隆寺の宮大工棟梁に伝わる文句のひとつに「木を買わず山を買え」があるそうです。意味はよく分からないものの、目標ひとつ達成するにはその背景まで広く見通せなあかん、というようなことにふんわり読み替えてここまで来ました。
週一回のゼミでも、いかに多くの視点から物事を見られるかが大事だなぁ、と毎回思います。しっかり学んでいきたいです!

これから息抜き程度に研究室の様子をレポートしていけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。
それでは今回は、このあたりで失礼いたします。

WIN_20160628_12_37_13_Pro.jpg
文字だけだとさみしいので1人で研究室の写真を撮りました。
記事の代わりに私の方がさみしくなった気がします笑

  (もりす)
コメント(1) 
研究室メンバー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。